自分を好きになるブログ

アレンジする生き方 革新的2020年

「捨てる主義のススメ」⑫

マイナスの意識を減らす(捨てる)

人は望みをイメージするときには、同時に「不安」になります。


たった1つの事を考えているうちに、ものすごく大きな未来への「不安を拡大させる集中力」はすごいですよね。


不安になっている事は実現しやすいのはこのためです。
考えている時間が長い・・・引き寄せの法則が働きやすい。


時間がかかってしまうと、人は「不安なことやわからないことは解決すべき」という思い癖があります。

解決策のないものを、ただジーっと考えていると過去への後悔、起きてもいない未来の心配をして、気付くと自分が勝手に作った世界で、どんどん悪く想像して不安になったりします。
「心がざわつく、気持ちが暗くなる、モヤっとする」というのは直感の「それは考えてはだめで、そっちへは行かない方がいい」というサインです。

つまり、解決策のないことは考えなくていい、考えない方がうまくいくということ。
とにかく、不安や心配、憂うつになったときこそ、そこにエネルギーを与えないことです。
ある程度強い意志でそこから意識をそらす、そこに集中せずに流すのが良いでしょう。

「何とかしなくてもいい、しようと思わなくてもいい。嬉しいことだけに意識を集中していい」と想えば、気持ちは軽くなります。

望みの引き寄せは、いつも自分の感覚がどのような状態になっているかを観察して、心が暗くなる方向には意識を向けないようにしていれば上手になります。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。

少しでも気軽になってもらえたら嬉しいです。